岩本内科では肝臓癌の診断に最新のアンギオCTを使っています。北九州では唯一のアンギオCTであり、肝臓癌の早期発見に活用しております。



肝臓がん治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

アンギオCT検査による肝癌の診断について

北九州で唯一のアンギオCTクリックで拡大画像

左図:
北九州で唯一のアンギオCT


アンギオCTは、小さな肝癌の門脈血流と動脈血流をわけて診断でき肝癌の性質、ひろがり診断を正確に診断できます。

また治療の状態を、その場で確かめられ、肝癌の診断、治療にかかせないものです。
また早期肝癌を診断できる唯一の画像機器です。

アンギオの有用性
典型的小肝癌のアンギオCT 典型的小肝癌の組織像
早期肝癌のアンギオCT 早期肝癌の組織像
ミリ大の肝癌の広がり クリックで拡大


しかし、大きく,高価で保険が効きません。それで大学病院など一部の研究的施設しか持てませんでした。

それで、岩本内科院では、最新の東芝コンパクト16列CTに必要な時に、フィリップスの外科用イメージを組み合わせアンギオCTとして使用しています。

こうすれば、普段は通常の多列CT、必要な時にアンギオCTとして 使用でき無駄が無くなり、当院の規模でも、持てるように なりました。

北九州地区では、唯一のアンギオCTですので広く利用して いただきたいと思っています。