肝臓癌の治療に、岩本内科院では独自の治療門脈・動脈同時塞栓療法(AS)を行っております。 当院での治療法についてご紹介します。



肝臓がん治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

「門脈・動脈同時塞栓療法」について

典型的肝細胞癌の血行動態<br>
肝癌は動脈で栄養されるが流出血管(ドレナージ血管)は門脈に流れる。<br>
ダイナミックCTHAではドレナージ血管はコロナとして描出される。クリックで拡大画像

左図:
典型的肝細胞癌の血行動態
肝癌は動脈で栄養されるが流出血管(ドレナージ血管)は門脈に流れる。
ダイナミックCTHAではドレナージ血管はコロナとして描出される。


肝癌は、肝動脈で栄養されて、流れてきた血液は ドレナージ血管を経て、門脈に流れて行きます。(上図:肝癌の血行動態参照)
従来の肝動脈のみ塞栓する治療(TACE)では 門脈血が逆流してきたり、肝ガンが小さいうちは、門脈域が 残っていたりしますので、なかなか肝癌を完全に殺すことが難しいのです。

 

従来の肝動脈塞栓術(TACE)と当院の治療法門脈・動脈同時塞栓療法(AS)の違い

通常のTACE(肝動脈塞栓術)では、動脈血流がなくなると、門脈血流が優位となり
肝がんの周辺部分が残存しやすい。

門脈域

ガンの辺位部にドレナージ血管より、門脈血流が流入する。
辺縁に門脈域が残っていることもある。


 

門脈・動脈同時塞栓療法では
動脈血流・門脈血流が同時になくなるのでガンとその周辺の肝組織が系統的に完全壊死する。


通常のTACE(肝動脈塞栓術)クリックで拡大画像



左図:
通常のTACE(肝動脈塞栓術)


門脈・動脈同時塞栓療法クリックで拡大画像



左図:
門脈・動脈同時塞栓療法