肝臓癌の手術・治療(門脈・動脈・同時塞栓術)で、世界的に高い評価を受けている岩本内科医院は、福岡県北九州市における地域医療の実践と、肝臓がんの治療に努めます。



肝臓癌治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

肝臓癌の治療について 記事一覧

1 2 

NEW当院での肝臓癌の治療について 2011/11/04

門脈動脈同時塞栓療法(Angiographic subsegmentectomy, AS)

 岩本内科院では肝臓癌の治療に、独自の療法、門脈動脈同時塞栓療法を用い、素晴らしい治療成績をあげています。当院での肝癌の治療についてご紹介します。

門脈動脈同時塞栓療法(Angiographic subsegmentectomy, AS)とは 肝癌は、肝動脈で栄養されて、流れてきた血液はドレナージ血管を経て、門脈に流れて行きます。(上図:肝癌の...

>> 続きを読む

NEW典型的な肝癌について 2011/11/04

典型的肝細胞癌の血行動態

 アンギオCTでは、小さな肝臓癌を的確に診断できます。ここでは典型的な肝癌の血行動態についてご紹介します。

アンギオCTでは、シングルレベルダイナミックCTを撮ることで、小さな肝癌を適格に診断できます。 肝癌は、特徴のある血行動態を示します。 動脈で栄養され、流入してきた血液は、ドレナージ血管から、門脈に...

>> 続きを読む

NEWアンギオCT検査による肝癌の診断について 2011/11/04

北九州で唯一のアンギオCT

 岩本内科では肝臓癌の診断に最新のアンギオCTを使っています。北九州では唯一のアンギオCTであり、肝臓癌の早期発見に活用しております。

アンギオCTは、小さな肝癌の門脈血流と動脈血流をわけて診断でき肝癌の性質、ひろがり診断を正確に診断できます。 また治療の状態を、その場で確かめられ、肝癌の診断、治療にかかせないものです。 また早期肝...

>> 続きを読む

NEW「門脈・動脈同時塞栓療法」での治療成績 2011/11/04

 肝臓癌の治療に、岩本内科院では独自の治療門脈・動脈同時塞栓療法(AS)を行っております。 この方法で、当院では素晴らしい治療成績をあげております。

治療成績は、アメリカの癌雑誌「Cancer」でも報告しましたが、2cm以下だと91%、3cm以下でも90%の肝癌が完全に壊死し、全体でも86%の完全壊死でした。 当院での5年生存率、10年生存率...

>> 続きを読む

肝細胞がん(HCC)について 2011/08/18

 日本の癌死の第3位は肝臓癌です。肝細胞がん(HCC)についてご説明します。

1)日本の癌死の第3位は肝臓がん2)約80%は、C型、B型などの慢性肝臓病より発がんすると言われております。3)治療は、外科切除 RFA(ラジオ波焼灼術) 肝動脈塞栓術(TACE) 肝移植などがあり、...

>> 続きを読む

1 2