肝臓病の種類やその検査法・治療法などについてご説明します。



肝臓癌治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

肝臓病について 記事一覧

1 2 3 

食道静脈瘤について 2011/11/04

 食道静脈瘤について、原因と症状、そして検査及び治療についてご紹介します。

食道の粘膜を流れる静脈が瘤(こぶ)のようにふくらんで曲がりくねってでこぼこになった状態をいいます. 胃にもできることがあり,その場合は胃静脈瘤といいます. 原因、症状について 食道静脈瘤の原因の大...

>> 続きを読む

腹水について 2011/11/04

 腹水の症状と診断、治療について

腹水とはタンパク質を含む体液が腹腔に蓄積した状態です。 腹水は、短期間に起こった病気(急性疾患)よりも長期的な病気(慢性疾患)の人によくみられます。 一般に肝硬変(肝臓の重度の線維化)で起こることが...

>> 続きを読む

黄疸について 2011/11/04

 肝炎や肝硬変などの肝臓の病気がある場合に出現する、黄疸とはどんなものなのか、ご説明いたします。

黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増加し、その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着した状態を意味します。 黄疸は、通常は肝炎や肝硬変などの肝臓の病気がある場合や胆汁の排泄経路である胆管...

>> 続きを読む

肝硬変について 2011/11/04

慢性肝炎の自然経過

 肝硬変とはいったいどのような状態なのか、またその治療法についてご紹介します。

肝硬変とは、慢性肝炎が進み、肝臓の細胞が、線維という組織に置き換わり、 肝臓が小さくなり硬くなった状態を肝硬変と言います。 再生結節という線維に囲まれた結節がたくさん出来ます。 日本には約40万人の...

>> 続きを読む

自己免疫性肝炎・PBC・PSC・IPH等について 2011/11/04

 今回は、自己免疫性肝炎、PBC、PSC、IPH等について、ご紹介します。

肝臓病についてお話してご説明して参りましたが、 それ以外の自己免疫性肝炎、PBC、PSC、IPH等について引き続き、お話したいと思います。 人の身体は、免疫力があり、体内に入った細菌やウィルス、 ま...

>> 続きを読む

1 2 3