日本人の約半数は、アルコール分解酸素を十分に持っていません。大量のアルコールを長期に飲み続けると、肝硬変になる恐れがあるので、十分に気をつけましょう。



肝臓がん治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

お酒と肝臓について

「お酒と肝臓について」お話したいと思います。

アルコールは、肝臓で分解され、アセトアルデヒド、酢酸と変化します。
アセトアルデヒドは、肝臓障害や全身の組織を障害とする毒素です。
ですから、大量のアルコールを長期に飲み続けていると、アルコール性脂肪肝や 急性アルコール性肝炎(命にかかわります)、また、アルコール性肝硬変となります。

どれ位のアルコールが、肝機能障害を引き起こすのかは、その人の身体によりますが、 ちなみに、日本人の約半数は、アルコール分解酸素を十分に持っていません。

お酒を飲むと顔が、真っ赤になる人や男性に比べ、女性は、より少ないアルコールで肝障害を 引き起こす可能性があります。

報告によると、毎日3合の日本酒を8年間続けて、肝硬変になったという例もあります。
また、肝炎ウィルスを持っている人が、常習飲酒を続けますと、肝障害がひどくなります。
アルコール性肝障害は、アルコールを止めれば治るのですが、 依存症の患者さんが多く、止めさせるには、大変難しいのです。

実例:アルコール性肝障害 男性
ガンちゃん先生のところに入院しているある患者さんは、黄疸、腹水、食道静脈瘤破裂等、 何度も命を助けられ、「もう、絶対に飲みません」と言って退院していきましたが、 すぐ、治療にも来なくなり、1年後にまた大量の腹水で、再、再、再・・・ということで入院しています。
本人の強い意思も大事ですが、誘惑に負けてしまうようで・・・。
何度言っても言うことを聞きませんでしたが、現在はご家族の助けもあり、禁酒して、頑張っております。


地域医療にも力を注いでいます。
岩本内科医院へのお問い合わせ

医療法人 岩本内科医院

〒802-0832 福岡県北九州市
小倉南区下石田1-2-8
TEL:093-961-4118
FAX:093-961-1942
メールはこちらからmail

岩本内科医院のご案内

診療時間

平日(月~金) 9:00~12:00
14:00~18:30
(火曜・木曜は15時より)
土曜 9:00~13:00

休日

日曜日・祭日

診療科目

内科・消化器科

診療案内の詳細はこちら

キーワードで検索

院長:岩本昭三のブログ

院長:岩本昭三が、肝臓に関する知識・治療法などをブログで発信しています。外部ブログ


看護師の募集案内

岩本内科医院ではやる気のある看護師さんを募集しております。一緒に働きませんか?