岩本内科医院は、地域医療の実践と、肝臓癌の治療に努めます。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。



肝臓癌治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

アジア太平洋肝臓病学会

日本では、肝硬変の再生結節が多段階に変化し、腺腫様過形成から早期肝がん を経て、典型的な肝がん になると 信じられてきていますが、日本の早期肝がん はがん としての性質がほとんどなく、このような結節を治療する必要が あるのか、長く疑問に思っていました。 Angio-CTにて、肝臓の小結節の血流を見ておりますと、はじめから典型的な肝がん として認められるものの方が 多いようです。

肝がん の発生

Title   Aim   Method,Object
Results1-1    Results1-2    Results1-3    Results1-4    Results1-5
Results2-1    Results2-2    Results2-3    Results2-4    Conclusions

【Title】

CT angiographic findings in 103 hepatocellular carcinomas less than 2.0 cm detected during follow-up of 48 patients. "Is the multi-step hepatocarcinogenesis theory true?"

Shozo Iwamoto MDIwamoto Hospital
Hideki Iwamoto MDIwamoto Hospital
Hayato Sanefuji MDDepartment of Clinical Laboratory
and Research Division,
Kitakyushu General Hospital,
Shigeaki Takeda MDDepartment of Surgery,
National Hospital Organization,
Kokura National Hospital
Osamu Hongo RTIwamoto Hospital

【Aim】

The early stage of hepatocarcinogenesis is not well understood pathologically or clinically.
In Japan multi-step hepatocarcinogenesis theory has been believed firmly. Is this theory true?
The present study was designed to define small(early)hepatocellular carcinoma(HCC) angiographically using the angio-helical computed tomography(CT)system.

【Method,Object】

Arterial portography CT (CTAP) and hepatic arteriography CT (CTHA) were performed in 48 patients with 103 small HCCs less than 20 mm detected during a follow-up period of 0.5-15 years.
The patients were 14 females and 34 males, aged 48-85 years.
The offending virus was hepatitis B in eight patients and hepatitis C in 39 patients.
The underlying disease was cirrhosis in 24 patients and chronic hepatitis in 24 patients.

次へ→

院長:山口泰三と二代目ガンちゃん先生のブログ

初代ガンちゃん先生より継続し、院長:山口泰三と二代目ガンちゃん先生が、肝臓がんに関する知識・治療法などをブログで発信しています。外部ブログ


岩本内科医院のご案内

診療時間

平日(月~金) 9:00~12:00
14:00~18:30
(火曜・木曜は15時より)
土曜 9:00~13:00

休日

日曜日・祭日

診療科目

内科・消化器科

診療案内の詳細はこちら

岩本内科医院の診察予定表

キーワードで検索