岩本内科医院は、地域医療の実践と、肝臓癌の治療に努めます。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。



肝臓癌治療。門脈・動脈・同時塞栓術では、その治療成果が国際的に高い評価を受けています。

最近の学会発表

2002年第38回肝がん 研究会に発表した1例です。

2.0cm以下 小肝がん 29例のCTA、CTAP所見

【はじめに】

肝がん 研究会 平成12年Angio-CT system(島津SCT6800TX)導入以来、慢性肝疾患のfollow中に出現した 29例の2.0cm以下肝細胞がん 例にCTAP、CTAを撮影してきたので、その所見を報告する。
表1を拡大する

【対象】

慢性肝疾患のfollow中、エコー,dynamic CT等で検出した29例の2.0cm以下肝がん 29例。
男性17例女性12例。年齢は47歳から85歳。
ウイルスでは、B型 4例(LC 2例),C型 24例(LC 9例),B・C(-)1例(LC 1例)

【結果;表1】

a)CTAP low,CTA high例。

症例25

症例-25を拡大する

29例中25例がCTAP low,CTA highで、small classic HCCと思われた。

b)CTAP low,CTA low又はiso例。

症例24

症例-24を拡大する

高分化と思えるCTAP low,CTA low又はisoは5例のみであった。

c)多発例:29例中13例が多発であった。

、 、

【まとめ】

1)29例中、13例が多発,数mm大の結節も、ほとんど、CTAP low,CTA highであった。
2)small classical HCCと思われたCTAP low,CTA high例は29例中25例にみられた
 最少8mm。
3)高分化と思えるCTAP low,CTA iso又はlowは、29例中5例のみであった。
以上より、HCCはデノボの発がん が多いのか??

院長:山口泰三と二代目ガンちゃん先生のブログ

初代ガンちゃん先生より継続し、院長:山口泰三と二代目ガンちゃん先生が、肝臓がんに関する知識・治療法などをブログで発信しています。外部ブログ


岩本内科医院のご案内

診療時間

平日(月~金) 9:00~12:00
14:00~18:30
(火曜・木曜は15時より)
土曜 9:00~13:00

休日

日曜日・祭日

診療科目

内科・消化器科

診療案内の詳細はこちら

岩本内科医院の診察予定表

キーワードで検索